Analog Pure Environment

apedeluxe.exblog.jp

Life is something!

ブログトップ

<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

081023present life

テレビに新聞、情報はわずか
世の中の真実ははるか彼方
無駄なコメントばかり評論家
どうか この状態を抜け出せないか

日本の現状 円高上昇 金融バブルでリーマン勘当

公的資金に景気対策 ばら撒き政策 政治の自爆 根本解決進まぬ週末

思考停止も危機的状態
自己満足に排他的社会
この国の姿を一人憂い
本の中身に一喜一憂

グローバルエコノミクス 格差スパンテーニャス
グリーンスパンのナンセンス

サブプライム シリアスプロブレム
打つ手はないかと 一人かもねむ
[PR]
by ape-deluxe | 2008-10-24 22:29 | ライム

I君の結婚式

高校の友達の結婚式に出席してきた。
3人で行った(一人はインド出張が入って欠席・・・早く帰っておいで!)。
昔から誠実なI君の結婚式は、ところどころに彼の優しさが見えた。

まず、披露宴で新婦の父と共に「永久に共に」byこぶくろを熱唱。
新婦は一人娘とのことだったが、新婦父とのこれからの関係はとても良いものになると思った。
何でも、一緒にカラオケで何度も練習したとか。
新婦の家族に対する彼なりの心使いだったと思う。

2次会でのゲーム。
ビンゴとかが多いけど、ここも工夫があった。
携帯電話のメールアドレスを4つ用意し、景品毎にそのアドレスを振り分ける。
ここで皆ほしい景品のメールアドレスを入力し、件名の欄に名前を入れる。
そして、本文のところに出題された歌の歌詞やセリフを性格に入力し、早く新郎新婦の携帯に届いた人が勝ち。
歌の歌詞やセリフはもちろん、新郎新婦のお気に入りの歌や漫画から持ってきた。
新郎新婦の趣味の披露と携帯早撃ちという現代的な手法をゲームにした面白いものだった。

もう一つのゲームはチーム対抗でのイントロ当てクイズ。
あまり知らない人同士と知っている人同士をうまくチームにする気遣いが見て取れた。

最後に、2次会の後、ブーケトスが行われた。
その数ナント、8束くらい!!
各テーブルにおいてあった花を全てスローイングぅ!!
多くの独身女性にキャッチのチャンスがあった。

ほんとに、いろんな人をもてなし、よく考えられた結婚式だった。
二人の幸せを願ってます!
今年は夫婦そろって温泉スノボーに行きましょう!
いつものメンバー+妻で。

PS引き出物も良かったです!
[PR]
by ape-deluxe | 2008-10-19 23:31 | GooD!

リーダーの旅立ち

Social Action Schoolの第4期リーダーが海外赴任することになり、土曜日が最後の顔合わせとなった。
ものすごく頭脳明晰、前向きで明るく、人をやる気にさせる能力に長けたリーダーだった。
言葉遣いも柔らかで、言動にも良く気配りされていた。
スタッフはもちろん、彼女のパフォーマンスに参加者も多大な刺激を受けたのではないだろうか。
会社が海外赴任させたくなるのもわかる気がする。
日本ではもちろん、この社交性の高さは海外でとても強みになる。
これからの道程がとても楽しみな仲間だ。

SASの仲間は皆個性的だ。
でも、それぞれの持つ興味分野や得意分野が集まって、一つの有意義な集まりとなっている。
顔を合わせなくても、メールベースのやり取りで多くのことが進んでいく。
仕事とは違う意味で刺激的な活動だ。

そんな個性をうまく伸ばし、まとめていたリーダーの存在は大きい。
今後は激務の渦中にいる副代表がリーダーを勤める。
一般スタッフも今まで以上に気合を入れて活動する必要があるだろう。
リーダーの旅立ちは、残った我々の旅立ちでもある。
物理的な距離があっても、目指す先は同じ。
旅の途中でまた会えるのを楽しみに、それぞれの新しい旅が始まる。
[PR]
by ape-deluxe | 2008-10-14 00:27 | よろしく!

ノーベル賞の受賞

新聞もテレビも明るい話題の筆頭に日本人ノーベル賞受賞者を挙げている。
大きな財を成したノーベルの遺言で始まったらしいこのノーベル賞。
科学の世界では最高の栄誉の一つだ。

昔はノーベル賞を目指していた。
そんな時期は残念ながら一度もなかった。
でも、お祭り騒ぎながら、日本人の受賞をうれしく思う。

一番身近なノーベル賞は医療機器のMRI。
http://nobelprize.org/nobel_prizes/medicine/laureates/2003/lauterbur-autobio.html
この教授の写真が大学の化学棟の入り口に大きく載っている。
確か「Discovery of the MRI」という文字が躍っていたような気がする。
ぜんぜん知らない教授(かなり前に他の大学に移っていた)だが、ここでそんな研究をしていたのかと感慨深かった。

この化学棟には日本人の教授が2人ほどいて、たまに日本語で会話をしている前を通った。
何しろ広い建物で、道に迷ったときに思わず「このラボにはどうやっていけば良いですか?」と日本語でたずねたところ、向こうもびっくりされていたが、日本語で案内してくれた。
海外でがんばっている日本人が評価されるのもなんだかうれしい。
ナショナリズムではなく、パトリオチズムを感じるのだろう。

基礎科学の世界は、どちらかというと地味で目立たない。
でも、純粋な疑問に答えを見出そうとする作業は、とても楽しい。
そして、この理論を共有できたときの喜びは何物にも換えられないものだ。
こんな感動を日々の生活の中に見つけられれば、世界が変わって見えるだろう。
科学の面白さはその思考過程にもある。
[PR]
by ape-deluxe | 2008-10-08 23:30 | GooD!

円高がやばそう

今ふとヤフーをみたら、1ドル100円になっていた。
そのちょっと前は102円だったので、ドルが急落したことになる。
日本が夜の間にこんなに値動きをしているとは正直驚いた。

FXをやっている皆さん、気をつけてくださいね!
[PR]
by ape-deluxe | 2008-10-06 23:35 | うぎゃあ!

自然への回帰

ここの所、東京に行く機会が多い。
その分、海に行く機会が無くなり、いわゆるアウトドアな活動はなされていない。
そんな中、ふと自然の中に入り込みたい衝動に駆られた。

大学時代、寒い地域にいたせいか、今から雪が楽しみだ。
雪の降る静けさがたまらない。
去年買ったスノーボードをしに、今年はもうちょっと出かけたい。

山はいまから紅葉してくる。
田は金色の姿を見せたかと思えば、今はすでに刈り取られてしまったところが多い。
徐々に静けさが気持ちをやわらげてくる。

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、収穫の秋。
虫の音も秋の音に変わってきた。

布団をかけて寝る心地よさを満喫できる。
四季を感じる神経が、自然への回帰を促しているようだ。
[PR]
by ape-deluxe | 2008-10-06 22:44 | よろしく!

悩める大学生

久しぶりに弟と話した。
将来のこと、今の生活のこと、いろいろ考えてはいるものの、何か漠然としたイメージを持っていて心なしか不安を感じているようだ。
厳しい兄としては、これだけは少なくともやっておいたほうが良いということばかりをまくし立ててしまったが、刺激ばかりで役に立ったかはわからない。
自分の大学時代を振り返れば、大して差はないかもしれないが、大学を出てからの経験談を語れるのは兄や親の利点だと思う。

自分の学生時代、親に言われたことの真意をどれだけ理解できていたかは棚に上げ、同じ轍は踏んでほしくない(自分を卑下してるわけではないが、ありがたいアドバイスはできるだけ活かして欲しい)という想いです。

一番の気になるのは、周りに流されるのではなく、自分で決断して道を進めるかどうかということです。
判断材料が乏しいと感じたときに、どうしたらその材料を集められるか考え、実行することができるようになって欲しい。
妙な親心でしょうか。

悩める大学生も、残り1年半。
悩める時間は限られているので、学生生活楽しんでおくれ!
[PR]
by ape-deluxe | 2008-10-05 22:24 | おほほほ