Analog Pure Environment

apedeluxe.exblog.jp

Life is something!

ブログトップ

<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

演劇と国際貢献

今日は高校の友達と4年ぶりくらいに会って飲んできた。
すっかり風貌が変わっていたので何をやっているか聞いてみた。

ヨルダンでイラク難民の支援をしている。

ほー。
高校のときからは想像もできない仕事だが、今の風貌からは容易に想像できる。

大学で心理学を学び、学生時代にインターンをしていたNGOに、働いていた仕事を辞めて職員として戻ったらしい。
やっていることは演劇(英語ではドラマ)を通じて、難民の子供の社会性を教育している。
思っていることを表現し、お互いを認め合う心を養っていく、とても重要な仕事だ。

給料は安いが、とてもやりがいのある仕事だ。
内部やファンド集めの難しさ、UNCHRとのやりとりなど、現場のやり取りはとてもエネルギッシュでタフな感じだ。

イタリアあたりのNGOは給料が月収60万円も出ているらしい。
日本のNGOは20万円も出ていないのに。

これは学歴とも関係がある。
外国のNGOは大抵修士号はもっている専門家がほとんどで、国連難民弁務官になるレベルは博士号を持っている。
ボランティアに近い仕事だが、高いレベルの仕事を要求されるとてもハードなものだ。

それにしても演劇が高じて国際貢献とは、面白い流れだ。
今後も元気に活動することを応援している。
[PR]
by ape-deluxe | 2008-07-31 00:22 | GooD!

SAS4期やります!

今年もSASをやることになりました!
詳細はこちらをご覧ください!

http://sastokyo.exblog.jp/

盛り上がっていきましょう!
[PR]
by ape-deluxe | 2008-07-29 00:09 | よろしく!

死と向き合う

今日は携帯で間違い電話をした。
そしたら、2年くらい会っていない人とつながった。
もちろん相手は知り合いだけど、間違えたと思っていない自分はあんまり関係ないことを話していた。

ところが一転、この方が末期癌になって、今失明していると聞かされた。
ん?なんだって?癌になった?
まずは状況が把握できなかったが、電話を当初かける予定の人と間違えたことに気がついた。(名前が同じで、共通の話があったもので最初は気づかなかった)。
そして、今聴いた話が本当であることに衝撃が走った。

余命数ヶ月と宣告されたそうだ。
でも、ぜんぜんそんな雰囲気は無かった。
サッカーが好きで、おととしは年齢別の全国大会に出て引退した。
もともとスポーツがきっかけで知り合い、一緒にサッカーはできなかったが、たまに声をかけてくれていた。
まだ仕事では現役バリバリの年齢だ。

今は仲間とBBQをしたりして余生を過ごしているとのことだった。
死を宣告された。
自分だったらどうなるだろうか?
やりたいことがいっぱいある無念。
目が見えなくなった不安。
想像すると恐ろしい。

でも、残りの余生を楽しく生きると考えれば、死ぬ直前までは少なくとも楽しく過ごせる。
どれだけ楽しいかで最後の気持ちが決まるような気もする。

生きてる喜びをかみ締めながら一日一日を過ごしたい。
今日の偶然の電話が、お互いの記憶を呼び覚まし、ショッキングだけど明るく話せたこと。
こういうのは運命と呼べる気がする。
[PR]
by ape-deluxe | 2008-07-29 00:04 | うぎゃあ!
Today, I watched the TV programme, which was about the farmers group called "Wagoen" in Chiba pref.
The point is that they have foresight and energy to export their produts into the rich market, Dubai in this case, without any support from Japanese government and any other organizations.
This model is one of the best practices of business in agriculture.

I have another model, which is very close to me.
The model is "Miyaji-buta".
The president of Miyaji-buta is so young and smart.
He has held BBQ parties using his pork almost every month.
That is new marketing because this BBQ party provides opportunities to meet people who have so many different background and are interested in his business model.
It's like a reception.
People enjoy having BBQ and also meeting others!
Of course, the pork tastes nice!

I could learn important points from them.
One is importance to find new market anywhere in the world.
Another is an effort to make new market from the different, new points of view.

Japanese agriculture still have chances to improve.
From now on, we need to innovate the system and our mind
[PR]
by ape-deluxe | 2008-07-22 00:31 | GooD!
I had met so many people while I could not post new article on this blog.
Individuals who impacted on me were so motivated and doing something so actively.
Those individuals who are doing something seriously with enthusiasm and joy, even though it is a job or not, always cheers me up!
And I'm stimulated enough to re-motivate myself up to make my future vision clearer than it was before.

It always happens that we can not get out of small society, where we belong to, and can not have overview, when we meet the same people only everyday.
However, it is not so difficult to get out of the society and to meet people who have similar dream to be come true!
And, it is so exciting to match the new connection and the connection I have already toward the good direction.

Quality and quantity of a job may depend on how the company get human resouces which suit the project, by matching especially in the field of software rather than hardware.
The matching of human resorces itself may give people, steakholder, opportunities to glow up.

Vison and humanity make the man possible to match the best people, because the man himself need to be somehow atractive.
In other words, that man can be called a catalyst, which promotes chemical reaction of specific substances but not changes itself.
Matching seems to be done automatically, however, it is very serectivelly done by the man based on his experinces.

Though the world is so wide, it can be covered by human network.
Of course, there are so many spots on the net.
First of all, it needs to cover a large area by network, then to fill the specific spots to know and to build a storng base there.

How large networks can I make before finishing my life?

I thought deeply and recognized that one of the roots of what I want to do through my life is to make human network.
I also want to use this network functionally for wealth, health, and peace of people.
To share this mind and to manage this network, I need to incuvate and to glow human resource.

I feel that I could make my vision clearer in couple days.

I have opportuinities to find something new, though I move around such a small area in Japan.
If I would go abroad, the opportuinities must be endless!!
Humanity, capacity, or mind. How much can I expand it through my life?
This is the most exciting theme in the future.
[PR]
by ape-deluxe | 2008-07-19 22:52 | おほほほ
このブログが更新できなかった間、様々な人に出会うことができました。
中でも印象に残っているのは、何かをやる気があって、積極的に行動している人です。

仕事でもそうですが、それ以外でも、何かに熱く、真剣に、そして楽しく取り組んでいる人は、周りに元気をくれます。
そして、そんな人に触発され、自分のやりたいことを具体化しようというモチベーションが上がります。

普段、特定の人とのみ接していると、その世界観から抜け出せないことがあります。
でも、意識的に外にでて、様々な人(誰でもいいというわけではなく、同じような夢を持った人)と出会うことは意外とできます。
そして、新しくできたつながりを、既存のつながりとよい方向に融合することがとても楽しい。

モノを作るのではない、ソフトの仕事は、まさに人と人をいかにマッチングできるかでやれる事の大きさが決まるといえるでしょう。
そして、そのつながりから自分自身も成長できると思います。

人と人をつなげる人は、その人自身に理念と魅力があると思います。
ただ1+1=2と機会的にできるわけも無く、いわば化学反応を起こさせる触媒とでも言えるでしょうか。

世界は広いけど、その広い世界を人的ネットワークという網の目で覆うことは可能だと思います。
もちろん、穴もあいてますが、まずは広く網羅し、必要なところの穴埋めをしていく。
これで特定の分野において、強力な基盤を気づくこともできます。

人生が終わるまでにどれくらいのネットが張れるのか。
よく考えると、自分のやりたいことの根っこには、このネットワークを張ることがありそうだ。
そして、このネットワークをみんなにとってプラスになうよう、有機的に動かして行きたい。
そのための人材育成を行う。
なんとなくこの数日間で、やりたいことの明確化が進んだような気もする。

日本の狭い空間で生きているだけで様々な発見がある。
世界にでたらもっといろいろあるだろう。
人間の広さ=キャパシティ=器をどれくらいまでのばせるか。
自分の事ながら、大変楽しみだ。
[PR]
by ape-deluxe | 2008-07-19 21:22 | おほほほ

のこだぞ!

c0059846_11555964.jpg

ベランダで涼むノコギリクワガタ。このあたりにもいるんだね。
[PR]
by ape-deluxe | 2008-07-12 11:55