Analog Pure Environment

apedeluxe.exblog.jp

Life is something!

ブログトップ

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ワールドワイドなお仕事

今日もソーシャルアクションスクールの4期についてミーティングがあった。
ここに来るメンバーはいつも刺激をくれる。
3期生で今回スタッフ側に回っているF君も、今年はコンサル1年目。
来月以降、場合によってはマレーシアで研修or外国でのプロジェクトに従事する可能性があるとのこと。
持っていたカバンの中には、大学受験でお世話になった「速読英単語」が入っていた。
英語の勉強の必要性を痛感させられる。

自分の職業ではめったに使わない英語も、SASに集まってくる人には普通のようだ。
前回タイ人を東京で案内したときも、商社の人は英語ばっちり、税関の人はともかく、県庁勤めの人もすんなり英語をしゃべっていた。
官庁勤めのT君なんか、仕事が終わる時間を考えれば英語を勉強する暇なんて考えられないけど、留学目指してシャドーイングをやっている。
IT会社からメガバンクに移った人も英語は勉強中。

世の中進んでいますね。
昔取った杵柄も、使わなければさび付きます。

そんなわけで又しても英語を使うようにしたいと思うわけです。
今年の夏はアメリカに旅行よていなので、ビジネスレベルで話せるか自分の中では試してみたい。
旅行といっても観光のみに留まらず、シアトルに行く予定なので、SVPの本部でちょっと話を聞いてみたいとひそかに思っている。

ところで、今の仕事で無理やり海外とつながれないか考えてみた。
そうしたら、とりあえず道は大きく2つ。
①海外に行く
②海外から人を呼ぶ

①はお金がかかるし、仕事柄どちらかというと②が望ましい。
また、ある程度技術も先進的なため、後進国に対し、こちら側が与えられるものを持っているはずだ。

だが、海外から人を呼ぶにはパイプが必要であり、お金も必要だ。
そうすると、海外に行く人を内に呼んではどうだろう?
昨日の日経新聞にホビイングリッシュというものがあった。
カルチャー教室等で、フラワーアレンジ等を英語で学ぶといったものだ。
これに近い発想で、農業技術を英語で学び、途上国での農業指導に当たる海外青年協力派遣隊員を育てる。
そうすると、内の持つ技術が隊員を通じて海を渡る。
そして、隊員には内とその地域の架け橋となってもらう。
内と海外の地域が、同じ技術を通じて関係ができるわけだ。

今までの姉妹都市なんかはお金の関係や経済力等のレベルをお互いに見合ってきた。
しかし、これからは技術の移転を通じてグローバルなつながりを作っていけたら面白い。

花栽培という儲かる技術は、アフリカや中国で外貨を稼ぐ重要な産業だ。
これをきっかけに海外に目を向ける人が、内の町から増えれば最高だ。
そうなれば、この研修に対し、ある程度の経済支援をすることも必要になってくるだろう。
21世紀はモノを作って売る時代から、モノを作れる人材の育成、経営力などを評価してもらう時代に移行していると思う。
評価は公的機関のみならず、ファンドやNPOといった非政府組織も担っている。
一つの産業を突破口に、経済、環境、福祉、教育といった全体的なつながり、連鎖を引き起こすような戦略が今求められている。

ワールドワイドなお仕事ってこんなイメージだけど、大企業ではもっと大きなビジョンで動いているのかな?
誰か教えて!
[PR]
by ape-deluxe | 2008-06-29 22:32 | おほほほ

瞬く間に時間が過ぎる

先週一週間はあっという間だった。
パソコンメールのチェックをするのも厳しい状態って、自分の仕事柄あまりないんだけど、やること目白押しでした。

そんなわけで、名刺交換した人にメールをする暇もなく、かなりの枚数がたまってしまったわけですが・・・
タイミングを逃した感があり、どうしたものか(笑)
なにか話のねたを見つけてメールしてみよう。

最近良く思うんだけど、自分のやることリストを時系列で整理する何かが欲しい。
今は手書きの小さな手帳を使っているんだけど、小さいからデメリットととしてあまり書き込めないことがある。
大きいと持ち歩きに不便だし、電子媒体だと電池切れと破損が恐ろしい。
そんなわけで紙がやっぱり便利なんだけど、そうするとフォーマットが気になる。
書店で売っている能率手帳をいろいろ見るんだけど、やっぱり使いやすそうなものはある程度の大きさになってしまう。

パソコンとスマートフォンを同期できる便利な機能も、職場のパソコンでは接続できないから使えない。

今読んでいるマネージメントの本。
著者の趣味はセルフマネージメント。
自己をいかに管理するかを常に考えている。

瞬く間に過ぎる時間、有効利用するためには記憶すべきものを絞り込み、引き出しを増やすことが重要と感じでる。
今日も気晴らしがてら、ちょっと本屋に行ってみよう。
[PR]
by ape-deluxe | 2008-06-21 13:58 | うぎゃあ!

意識の違いと多様性

今日は職場で飲み会があった。
2次会あたりから仕事の話で盛り上がったが、各個人の仕事に対する意識の違いにびっくり。
こんなにも違うもんなんだなぁと改めて実感したわけです。

これが多様性といえば多様性なんだけど、組織としてその多様性をひとつの方向に向けることができていないことが如実に現れている。
組織って何かをするために集まっているわけで、その目標がない組織ってありえるのかな?
会社は基本的に利益を追求するというミッションがあるわけで、多かれ少なかれそれをみな意識しているのではないだろうか。
ところが内の組織はそうでもない。
明確なビジョンを誰が示し、どのようにマネジメントするかすら不明瞭だ。
そうすると組織の存在意義が問われる。

こんな風に感じる飲み会になってしまった。
多様性を受け入れることができても、ミッションなき組織の存在は受け入れがたい。
これは大命題なんだと思うけど、今まで議論されてこなかったことが不思議でならない。
平和な時代が終わりを告げ、戦国時代に突入した現在、昔からの慣習に縛られていたら自分の首を絞めることになる。

とブログで書いていてもあまり意味はないのですが、組織の難しさ、人の意識を変えることの難しさを痛感しました。
でも、いろんなことを発信し続けているうちに、徐々に理解が進む感触はあった。
何かを変えるには地道な努力が必要ということですね。
[PR]
by ape-deluxe | 2008-06-12 01:36 | うぎゃあ!

英語力と飲み会

最近めっきり使わなくなった英語ですが、久しぶりに調べ物で英文を読みました。
公的機関の見解を示す内容だったので、大変読みやすかったのですが、やっぱり読むのに時間がかかりました。
過去を美化するわけではないのですが、昔はもっと早く読めた気がします・・・
使わない能力はどんどん落ちてくるのですね。
運動を持続しないと体力が落ちるのと同じですね。
きっと微積なんかもすっかり忘れてるんだろう。
困ったものです。

今日は飲み会だったので、できるだけお酒を控え、帰りの電車で本が読めるように心がけてみました。
お金を払ってあまり飲まないのも、自分への投資であると考えればお得感がありますね。
現に、そのおかげでこのブログを書く余裕があるわけです。

いろいろ考えると、飲み会は飲むことが目的ではなく、親睦を深めたり、腹を割って話すことが目的の場合が多いわけで、それならなおのことお酒の量はちょっとでよい。
思考回路が眠くて停止なんてことになったらもったいないし。

元気があれば帰りの電車で英語のリスニングもできるし、ブログを英語で書くことも・・・
It can be done.

それにしても、環境分野については断然英語のサイトが多いことがわかりました。
日本語のサイト(特に行政)の情報量不足を痛感した今日この頃です。
[PR]
by ape-deluxe | 2008-06-11 01:33 | うぎゃあ!
気づけばもう6月に入っていました。
約二週間もブログの更新をしていなかったとは・・・
時間を作ることの大切さをつくづく感じます。

さて昨日、私の担っている2大イベントのひとつが終わりました。
雨が降り続いた割には多くの方にご来場いただき、それなりによかったのですが、4回目を終えていくつか課題が見えてきました。

①費用対効果
②実施者の意識
③イベント後へのつながり

費用対効果はイベント開催経費と人件費。
これをあわせてもやった価値があるか計る評価指標が必要だ。
感覚的にはゼロサムがちょっとマイナスと感じる。

実施者の意識は大きな課題だ。
団体で運営するが、所属している個人のイベントに対する意識が大分分散している。
PR重視と売り上げ重視、無関心に3分割されるからだ。

イベント後へのつながりについては、少々の効果があるようだ。
展示物を見てバイトに来た人がいたり、展示物を直接買いに来た人もいる。
それが継続的につながっていくか、またはこのようなつながりの量を増やすことができるかが課題。
リピーターが多ければ多いほどイベントの効果は落ちると考える。
毎回同じようなことを同じ対象にやっていても、その対象に与えるインパクトは小さいからだ。

これは他のイベントでもいえるかもしれない。
リピーターを増やしたいイベント(たとえば即売会)なのか、毎回新規の人にきてもらいたいイベントなのか(PRイベント等)を決めることで、評価指標ができそうだ。

まあ、数字に見えても人の心理を理解するのは至難の業だが・・・

まもなく次のイベントが始まる。
明日からまた忙しい日々が始まる。
[PR]
by ape-deluxe | 2008-06-04 22:51 | おほほほ