Analog Pure Environment

apedeluxe.exblog.jp

Life is something!

ブログトップ

<   2007年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

stimuli

雷が頻繁に見られるなんて、結構珍しいのではないだろうか。
雷鳴が響くたびに妙な気分になる。
以前、雷が直撃した木を見て驚いた。
本当に真っ二つに割れている。
雷の凄さを感じた瞬間だった。

人間の神経も電気刺激を利用し、相当早く反応する。
途中で生化学反応があるので、光のスピードでは末端まで届かないんだけど、それでも体内で刺激が来ることが感じられると、自然と体が反応する。

これらの電気刺激は言葉を聞いたり、何かを見たりしたときも体の中を走る。
そんな刺激を求めている今日この頃。
グッドタイミングでいろんな事が起こった。

大学時代の友達と会ったり、ほぼ2年前にやっていた勉強会が再会するというメールが来たり、必要なときに必要な刺激が入ってくる。
これはどういう仕組みなのかよくわからないが、世の中の不思議だ。

そして、刺激を与えたりもらったりする仲間。
これがとても大切である。
皆さんに感謝です。
[PR]
by ape-deluxe | 2007-07-30 23:36 | おほほほ

参議院選挙はいずこへ

今週末は選挙だというのに、いまだに各候補者の明確な違いがわからない。
あんまり選挙活動も活発ではないし、この街ではそんなに人が集まらないと見られているのかも知れない。

何よりも、自分の生活があまりにも選挙(政治)から乖離しすぎている気がする。
本来は相当政治に近いはずなんだが・・・

リアリティがない。
それでも選挙には行く。

こんな気分の人がどれだけいるだろう?
この国の行方。
誰に託すのか。

いや、託すと考えいる時点で責任を放棄しているのかも知れない。
[PR]
by ape-deluxe | 2007-07-26 23:52 | 意見あり!

農業は奥が深い

毎日新しい発見がある。
いろんな国で、いろんな角度から農業を考えている人がいる。
日本人の視点、アメリカ人の視点。
耕作面積の差、気候、土壌の差、いろいろあるがそれでも共通点がいくつか見えてくる。

土を大事にする。
小規模経営。
地域密着。
コミュニケーション。

この4つ。

農業は知的労働(弁護士、医者、科学者、コンサル、投資家等)であるとくくられている。

なるほど。
栽培技術や環境制御、消費者とのコミュニケーション、土を維持する、売り込み。
これらのことを全てまかなう事業は当然知的労働であろう。

そしてもっともエキサイティングな仕事ではないだろうか。
この仕事が出来るのは、日本では農地を持っている農家の人だけである。
有る意味、生まれながらにして持っている特権なのだ。
今後の農業がどう動いていくか。
大変興味深い。
[PR]
by ape-deluxe | 2007-07-25 22:13 | おほほほ
いわゆるホワイトカラーのお仕事の方。
一日の成果をどうやって計っているでしょうか?

何か書いたり、計算したり、手紙を送ったり、資料を作ったり。
まあ、いろいろやるんだけど、そのやった事による効果はどうやって計るのか。

最近よく思うのです。
今やっている仕事は成果として現れるのだろうか?
実はもっといろいろやらなければならないのではないか?(やるべき事はたくさんあるんだけど、勤務時間と勘案して)

イベントを企画立案したり、実際に行っているときはそれなりの充実感がある。
今はどちらかというと事業の企画構想段階から、形を作る作業をしている。
このときが一番難しい。
実際に事業を相対でやっていれば、相手の反応もあるため、何となくやっている気になる。
しかし、一人で考えている段階というのは、その時のフィーリング次第でだいぶパフォーマンスが異なる気がする。
早いところ実施段階に持って行けば良いのだが、充分に検討されているか自信が持てない状態でいろいろな計画が進んでいる気がする。

目に見える成果を出したいなぁ。
[PR]
by ape-deluxe | 2007-07-23 20:28 | うぎゃあ!

生物多様性

内の畑は生物多様性が垣間見えるか?
農薬・化学肥料はいっさい使っていない。
そのため、ミミズは多く、虫もいる。
雑草もいろいろな種類がある。

さて、一つ肝心なことがある。
それは野菜の種類が少ないことだ。

これで生物多様性と呼べるのか?

ヤーコンという野菜。
これが今畑の真ん中に壁を作っている。

収穫中のもの。
ナス、ピーマン、ジャガイモ。
来週当たり穫れそうなもの。
枝豆。
景観植物。
マリーゴールド。

今年はスイカをやらなかったので、ちょっと地面が余っている。
その場所で、雑草をたい肥にし、ミミズが良く集まっている。
8月末には白菜をそこに植える予定だ。

冬は大根もやってみたい。
お鍋の準備に取りかかるのである。
[PR]
by ape-deluxe | 2007-07-22 23:07 | よろしく!

またまたネットトラブル

PHSの電波が受信できなくて、通話もネットも使えない状態が続いています。
やはり有線にしないと不安定なのかもしれません。
そんなわけで今日はマンガ喫茶からです。
とりあえず修理に持っていこうと思いますので、いつ復活するかわかりません。
しかーし、ブログの更新は何とかしたいと思いますので、懲りずに見に来てくださいね!
[PR]
by ape-deluxe | 2007-07-21 15:28 | よろしく!
3年問題という言葉がある。
入社3年目で退職(転職)する若者が30%もいるという現象のことだ。
これだけバブリーな企業が増えてくると必然的にあり得ることではないだろうか。
有る意味アメリカナイズされてきたのだろう。

転職先に何を求めるか。
それはユートピアではないだろうか。

経済的な待遇、ポスト、そしてやりがい。
自分の目指している地点と現状をスケールで測り、行き着くための最短コースを選択する。

弱肉強食、リスクのある自己投資である。
しかし、ハイリターンも相当なもののようだ。

社会(会社)が自分に何を求めているかよりも、自分に何が出来るかで動く人々が増えたのではないだろうか。
このモチベーションの差が経済格差も必然的に生み出すと思われる。

土地に縛られないサラリーマンは外国でも活躍している。
土地に縛られる仕事は資源(人、金、自然)の差で天国と地獄だ。

ユートピアを求めて決断するのは人生に何度あるのだろう?
少なくとも、今後増えていく可能性は高い。

そのたびに原点回帰が行われる。
根っこは何か。
自分は何がしたいのか。
その手段を変えることに躊躇する必要があるのか。
計算は難しい・・・
[PR]
by ape-deluxe | 2007-07-17 23:30 | うぎゃあ!

チャンプル定食

知る人ぞ知るラーメン屋で豆腐チャンプル定食を食べてきた。
通い出して5年くらい経つかな?
運動後には最高!のちょっと濃いめの味です。

ここのおっちゃんが名物オヤジで、独特のしゃべり方をする。
「毎度毎度、ありがとうございます」
「チャンプル一つ」
一見普通の言葉なんだけど、イントネーションが独特なのだ。
沖縄の出身なのかな?
ものすごいジャイアンツファンで、大抵ナイターを見てる。
お客さんの半分くらいもナイターを見てる。

料理の話に戻すと、結構ボリュームもあり、ガテン系です。
ちなみに、ラーメンはあんまり人気がないみたい。
たいていの人がご飯ものを食べている。
一応ラーメン屋なんだけどね。

興味のある人はお腹がすいてるときに声かけてください。
[PR]
by ape-deluxe | 2007-07-12 23:09 | おほほほ

天気予報のズレ

大雨で大変なことになる予報だったが、ほとんど雨は降らずに一日が終わった。
最近の天気予報は本当に良くはずれる。
それだけ読みにくくなったのかもしれない。

湿気には毎日嫌な思いをしている。
職場まで歩いて行くと、暑すぎて扇風機の前へ直行してしまう。
え?扇風機?
そんな声が聞こえてきそうですが、エアコンが入るのは始業時間が始まってから。
しかも、28℃設定のため、涼しいと感じるまでにはなりません。
ドライという機能もどうやらないようです。

そうすると、天気予報に合わせた服装でいつも失敗することになる。
寒くなる予報でも、室内は暑いのだ。

しかし悪いことばっかりではない。
雨が降ると思っていて降らないと、それはそれだけで気分が良くなったりする。
雲の隙間から差し込む太陽光がとても美しく感じられる。
そんな楽しみを天気予報が演出しているようだ。
[PR]
by ape-deluxe | 2007-07-11 23:57 | GooD!

雑誌への執筆

たい肥に関して、農業専門ジャーナルへ執筆することになった。
これがなかなか難しい。
何しろ人がお金を払って買う雑誌に自分の意見を載せるわけだから、それなりのものが要求される。
しかも、たい肥に関して私はど素人。
先の研修でそういうものかと初めてまともに勉強した身である。

こんな私に白羽の矢が立ったのは、ど素人の意見も聞いてみようと思った専門家の好意である。
その好意に応えるべく、毎日頭を使っている。
一度書いたレポートは、それだけではよくわからない。
レポートのプレゼン資料だけでも浅い感じがする。
そうすると、今までアウトプットしてきたものに上乗せする必要がある。
新しい考え方がでてくると、前のものに追加するときの表現が難しくなったりする。
いっそゼロから書き出した方が良いのかも知れない。

だが、そんなに時間もないため、なんとか再構築の方向でやることにした。
エッセイとかだったらもっと書きやすいのだが、論文系だといささか緊張してくる。
特に、読者の知識レベルが高いからなおさらだ。

何月号に載るかはまだわからないが、9月以降になる予定。
掲載月がわかったらまたブログに書きます。
[PR]
by ape-deluxe | 2007-07-10 22:51 | うぎゃあ!