Analog Pure Environment

apedeluxe.exblog.jp

Life is something!

ブログトップ

<   2006年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

大晦日です

忘年会続きでブログの更新が止まっていましたが、今日はちょっと家でのんびりできました。
今年も様々なことがありました。
初の国内線飛行機に乗り、初の九州、初の全国大会、初の講演、初のイベント、初のコラボレーション、初の二輪免許、初の体重過多・・・・
あげればきりがありませんが、あっという間の1年でした。

来年は新しい試みがさらに増え、徐々に進化していく年になると思います。
人生4分の1を過ぎ、やっと目標が見えてきたかなという所です。
高校の同窓会では頑張ってる仲間達の笑顔に会えて元気をもらいました。
そして、経済の格差を感じ、比較的低所得者層に位置している自分を奮い立たせることにつながりました。

除夜の鐘を聞きながら、初夢でお金が無くても楽しい生活をしている自分を見られるといいなと思います。

来年もよろしく!
[PR]
by ape-deluxe | 2006-12-31 23:57 | よろしく!

年末に近づいてきた

仕事も残すところ後1日ということで、追い込みに入っている。
その割には残業とかしないんだけど、年内にできるところまでやっておこうと、溜まってきたいろんな仕事にとりあえず手をつけてみた。
なんとかなるかな?なんて思いつつ、来年へ先送りのものがいくつか見つかった。

忘年会シーズンまっただ中で、今日は酒を飲まずに焼き肉だけで帰ってきた。
そんでもって、これからランニングである。
重たくなった体を揺さぶりながら、どれだけ走れるものか心配だ。

来年の目標の一つに、体力作りを入れたいと思う。
仕事が忙しくなってくると運動するのが億劫になるが、運動しないと体調が崩れる。
この悪循環を断つために、水泳なんかもやってみよう。
学生時代は暇さえあれば運動していた。
スケボーで大学内を移動してたし、動いていないことは少なかった。
座業が始まってからは一日の徒歩数5000歩くらいか・・・・
体型は嘘を言わない。
とりあえず体重減から始めてみよう。
[PR]
by ape-deluxe | 2006-12-27 19:55 | おほほほ
お腹の調子が芳しくなく、途中で帰ってまいりました。
今も状況は変わらず、トイレにセボンでございます。
このような由々しき事態は希なことでございまして、どうして良いものか困惑しております。
とりあえず床につき、開腹を待ちたいと存じます。
それではごきげんよう。
[PR]
by ape-deluxe | 2006-12-26 19:58 | うぎゃあ!

K教授の講演

本日は朝5時半に家を出て、おら東京さいっただ。
んで、帰ってきてからk教授の話を聞いた。

噂には聞いていましたが、とっても明瞭でわかりやすい話をされました。
K教授のもとで学ばれた学生の生き生きとした顔を思いだいします(同年代ですが)。
きっと研究も楽しいでしょう。
学生時代にインパクのある教授に出会えるというのは運がいいと思います。
私の場合は興味も持っていなかった。
素晴らしい人はいっぱいいたんですがね(後から知ったのですが)。

さて、K教授の話は有名な北京の蝶々の話。
内のまちで舞った蝶々が、ニューヨークで竜巻に変身する。
そんなこともあるかも知れない。
そう思えた講演会だった。
[PR]
by ape-deluxe | 2006-12-26 00:06 | おほほほ

休肝日の予定

ブログが止まっている間、毎日飲み会が続き体重はウナギ登りとなった。
年始の駅伝大会を視野に入れながら調整していてもなかなか難しい。
と言っても、今週はもちろん毎日のように飲み会が入り、どれだけ走れるかは想像しがたい。

話は変わって、この週末はボーナスを使って買い物三昧になった。
珍しく兄弟へのプレゼントを買い、本も3冊買った。
これだけの金額を地元に落とせないのはとても腹立たしい。
なんで買いたいものが地元で揃わないのか。
商店街も考えるべきだろう。

今日は駅前でよさこい祭りをやっていた。
主催者が日産と実行委員会で、実行委員を市議会議員がやっている。
といっても、その場にいた市議会議員は目視できる範囲で実行者と議長のみ。
もっといてもいいじゃないの?
他の議員さんは何してたのかしら?なんて思いつつ、市長が来場者に対して挨拶をしていたのを聞いた。
「みなさん、よさこい祭りの帰りには、ぜひ、中心商店街でお買い物していただき、市の活性化につなげていただけることをよろしくお願いします」
と、最後にPRをしていたので、どれだけの経済効果につながったか。
いろいろな所で宣伝する政治家は、支持者も増えるでしょう。
善し悪しの判断は皆さんにお任せして、少しでも地元の活性化につなげようとする姿は印象的だった。
[PR]
by ape-deluxe | 2006-12-24 20:45 | よろしく!
学生時代からプレゼンをいくつもやってきたが、今日やったプレゼンは久しぶりに規模の大きなものになりそうだ。

年明けに管理職相手にプレゼンをする。
その準備というか練習をしているんだけど、内容が多いためさすがに資料なしでは話せない。
基本的にプレゼンはライブであり、歌詞カードを見ながら歌っている歌手がいないように、プレゼンターは内容を頭にいれ、周りの反応を見ることに集中すべきだと思っている。
ところが今回はいくつか項目を忘れるとだいぶイメージが弱くなるので、メモをいつもより多めに作った。
できるだけ簡潔かつ多く話したい。
だけど、原稿棒読みほどつまらないプレゼンもない。
すらすら話すためにも、どれだけ真剣に時間を割けるかが焦点になりそうだ。
[PR]
by ape-deluxe | 2006-12-20 00:04 | おほほほ

よく食べる

夜ご飯を食べてから出かけた話し合い(レストラン)でカツ丼を食べてしまった。
そしてデザートはチョコレートパフェ!!
デブまっしぐらですね。
おかげさまでお腹いっぱいです。

その間、花の売り方をいろいろ話あいました。
展示の仕方、客寄せの目玉、人的魅力のある人を呼ぶ等。
案はどんどん出てくる。
如何に実践できるかがキーとなる。
[PR]
by ape-deluxe | 2006-12-19 00:05 | おほほほ

不審者に注意!

夜、犬の散歩をしている妹を自転車で追いかけた。
追いついた所で事件が起こった。

その時の私の姿はニット帽に手袋をし、薄暗い電気を灯しながら自転車に乗っていた。
妹に近づくと、犬は用を足している所だった。
振り返った妹がこちらを見た。

1秒くらいの間

「うぎゃぁぁぁぁ!!!!」
と叫びながら、妹は自転車の進行方向と逆に走り出した。
3メートルほど走った後、自転車に乗っているのが兄だと気づき、「なぁんだ」と一言。
不審者と思ったらしく、もう少しで「助けて!」と叫ぶところだった。

しっかり犬は飼い主だと気付いて、何食わぬ顔で用を足していた。

それにしても、あんなでかい声で叫ばれたら、不審者もビックリするだろう。
不審者じゃなかったら、もっとビックリするかも知れない。
物騒な世の中ですが、取り合えず、我が家の妹は逃げられそうなので良かったです(笑)
[PR]
by ape-deluxe | 2006-12-17 22:09 | おほほほ

サイドバッグ装着!

ボーナスがでたのでちょっと買い物を!!
毎回この時期のボーナスでバイク用品を買ってたんだけど、今年はapeからviragoに変わったため、パーツをいじらなくなった。
apeの時は何せ遅いバイクなのでお金をちょっとかけて頑張ってた。
でも、125ccのviragoはそこそこ走るし、音も静かな方がよいので特にいじらない。
そんでも不便なことはある。
荷物が積めないことだ。
apeにはバイク屋に言ってつけてもらった荷台があったが、viragoにはタンデムシートとバーが付いているので、荷台がついていない。
そこでサイドバッグを買うことにした。

革のサイドバッグは高いやつだと片方で3万円もする。
両サイドにつけたら6万円・・・
雨降ったら最悪だし、そんなに高いバイクでもないので、両サイドで大きめ、かつ、安いバッグを購入!
それでも8000円した。
しかーも、装着して帰ってきたら、金具がはずれて早くも故障。
タンデムシートの上から装着するやつなんだけど、そうするとタンデムができないので、タンデムシートの下に装着した。
この作業にだいぶ手こずり、またまた暗くなってしまった。
大抵バイクをいじり出すと4時台に始めても6時くらいまでかかる。
でも、なんとか装着に成功!
ちょっと後ろのウインカーが見えにくいけど、これでいろんなものが詰め込める!
お買い物、畑仕様になりました。
[PR]
by ape-deluxe | 2006-12-17 22:00 | おほほほ
急遽ボランティアの選考会がキャンセルになったため、標題の講演会に参加した。
今小学校、中学校で起こっていることは我々世代が経験したことの無い現象である。
いじめのターゲットが日によって変わる。
当番制のようになっているケースがあるという。

価値観と経験が全く異なる子供達が同じ場所で勉強をしていくという事が難しくなっているようだ。
例に挙げられたのが、体育会系とアキバ系。
体育会系はちょっときつい言葉で言い合うことに慣れているが、アキバ系はちょっときつい言葉を怖いものとして捉えることがある。
そうすると、それはいじめという事に発展する場合があるということだ。
我々の世代が小学校だったころ、アキバ系という概念も無く、運動ができるできないくらいの差しかなかった。
誰もが同じような言葉を同じように捉えていたはずだ。
しかし、今は違う。
受け手によってじゃれ合いがいじめになる。
お互いに共通理解が成り立っていないからだ。

子供に限らず、アキバ系は我々世代にもたくさんいるわけで、そう言った意味では言語が通じるかどうか断言はできない。
しかし、ある程度の歳になると、一定の常識というものが生まれ、何とかなりそうだ。

それにしても自殺については難しい。
生きることの意義って難しい。
死ぬことの意義も難しい。
宗教観の薄い日本では特に難しいのかもしれない。

自分なんかは、自殺したら人に迷惑をかけるし、自分で痛い思いをするのもどうかと思うので、自殺しようと考えたことがない。
でも毎年すごい数の人が自殺している。
世の中それだけ生きづらいのかもしれない。
[PR]
by ape-deluxe | 2006-12-16 23:28 | うぎゃあ!