Analog Pure Environment

apedeluxe.exblog.jp

Life is something!

ブログトップ

<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

決勝進出!

午前中にサッカー部の県大会準決勝があり、1-0で勝利した。
来週土曜日が決勝となり、勝てば関東大会へ出場する。
夏は全国までいったので、秋も関東まで行きたいものだ。
まだボールを蹴られないのでもどかしいが、関東大会は楽しみである。
全国に行ってから、強いチームを目の当たりにし、この地域でのサッカーがそこまで高いレベルではないことを実感している。
決勝では因縁の対決になるので、心してかかりたい。
今期は2勝0敗なので、勝って今年を締めくくるぞ!

ベンチで応援してます・・・・
[PR]
by ape-deluxe | 2006-09-30 15:18 | GooD!

無事終了

花瓶コンテストが無事に終了した。
後は表彰式だけです。
まだ日取りが決まってないけど、注目度のある場所でやりたいです。
本日は立教大学の学生が食農教育、地産地消、学校給食をキーワードに持続可能な社会形成のための取り組みを聞きに来られました。
といっても、具体的にこれをこうしたからこうなったという段階まで来ていないので、成果に関してはまだよくわからない。
ただ、学生が注目しているほどある意味ブームなテーマであることは間違いないようだ。
持続可能性を探ることは本当に必要なことで、資源の乏しい日本では特に考えるべき課題である。
[PR]
by ape-deluxe | 2006-09-29 22:58 | おほほほ

細胞の代謝

今日は一日だるい感じがしていた。
バイクに乗ってもだるくて、歩く気も起きない。
そんな中、サッカーの練習日ということで、夜にグランドへでかけていった。
まだ足が完治していないので走るだけ。
今日はグランドの周りではなく、海岸沿いの砂浜を走ってきた。
夜の海は真っ暗で、星も出ていない天気だった。
夜釣りをしている人がちらほら。
いちゃついてるカップルがちらほら。
ほとんど人気はない。
片道約4キロほどの道程を黙々と走る。
もちろん砂浜はでこぼこで、硬さも場所によって違う。
かなりの負荷がかかり、これが柔軟な関節と筋肉をつくる(はず)。
昼間のだるさが嘘のように、結構な勢いで走っていた。
復路はダッシュとジョグのインターバルで帰った。
不思議なことに、ダッシュがいつもより効いている気がする。
全力で走ることが気持ちいい。
昼間の体調不良は、体が動きたいという信号を発していたのかも知れない。
あまりに運動不足が続くと代謝が落ち、気分も落ちてくる。
今週の火曜日は雨で練習が中止だった。
これが響いたのかも知れない。
体を刺激すると頭がすっきりする。
人体って本当に不思議だ。
[PR]
by ape-deluxe | 2006-09-28 23:30 | おほほほ

美術品の審査

今日は花瓶の審査があった。
イベント案内の詳細はこちら
花の品評会では数人の審査員が個人の判断で序列をつけ、上位から順に満点、満点ー1、満点ー2、・・・となっていく。
これら個人の結果を合計し、平均点でもっとも高かった物がトップとなる。

今回の花瓶の審査では2人の審査員にお願いし、金、銀、銅それぞれ5点ずつ選んでもらい、最後に2人で調整し、金、銀、銅の各5点ずつが決定した。
協議の時間があるので予想外に時間がかかった。
美術関係の人に伺ったところ、絵画等でも審査員のもちよった物を協議して決めることが多いそうだ。
単純に数値化できないから美術なんだろう。
審査員の方はコメントまで書いてくれた。
花の世界も数値化のみで決めるのではなく、協議することも必要かも知れない。
ただ、そうはいっても共通の感動を審査員全員が受けることもあまりないだろうから、やはり難しい問題だ(笑)
[PR]
by ape-deluxe | 2006-09-26 20:43 | GooD!

異動の季節

昨日異動の内示があり、担当内の先輩が異動になり、新採用が代わりに入ってくることになった。
今の職場に来て早2年が経とうとしている。
通常では来年の今頃異動の内示がでるはずだ。
残された時間は1年しかない。
やりかけの仕事がかなりあり、はたしてどこまで軌道に乗せられるか微妙だ。
期限が迫ってきたこともあり、コンパクトかつよりスピーディーに働いていこう。
ある意味急かされて、今まで以上のパフォーマンスがでるかもしれない(笑)
[PR]
by ape-deluxe | 2006-09-26 07:27 | うぎゃあ!
先日仕事で切り花を生産するにあたり、農薬登録のない活性剤の話が出た。
講師は科学的データが明らかになっていないので信用できないと言って切り捨てた。
これは一理ある。
科学的にこれが原因でこれを良くすると言うのが基本的にわかっていなければ農薬の登録はとれない。
一元論の世界でしか科学は通用しないからだ。

さて、複雑なものを理解するとき、いろいろな連鎖が一つの鎖でできているということが証明できれば、それは科学になりうる。
しかし、それが2本以上の鎖で成り立っている場合、これは科学と呼べなくなる可能性がある。
お互いの影響を完全に計ることが難しいからだ。
つまり、1対1の関係(例えば有機物を燃やすと二酸化炭素が出る)であれば良いが、それ以上のこと(二酸化炭素がどのように拡散し、他の化合物と反応し、循環するか等)は地球とういう複雑系の中で完全に捕捉することができない。
それは鎖が2本以上(影響する要素が多すぎる)からであり、ある程度の確率論しかでない。
この確率論だけではなんとも理解しづらいということだ。

しかし、そもそも農薬の効き目も100%でない。
活性剤が科学的実証がないにしても、使用例が多くあり、成功例も出ている。
成功根拠を一つに定めるのは難しくても、それが効いたかどうかは目に見えるのだ。
公的機関がこれを科学的に証明することはないだろう。
莫大な費用と時間をかけ、ものすごく大きな知恵の輪を解くようなものだからだ。
面倒で誰も相手にしない。
この事実を無視して、単に否定するだけの人間が講師ではこの先真っ暗だ。
科学を根拠に仕事をしてきて、可能性を否定するようでは評論家で終わってしまう。
科学者ではない。
この地域の指導者もこのレベル。
生産者は自ら勉強していくしかないのだろう。
[PR]
by ape-deluxe | 2006-09-24 21:19 | 意見あり!

運動の後にはビール!

今日も35分間ジョギングをし、スプリントを5本。
いい汗をかいた後には、Asahiのバナジウム天然水をごくごく飲む。
これだけでは足りず、お風呂にも入ったことだしビールでも飲みたいなぁと思い始めた。
お酒の席では乱雑に扱われるビールですが、私はビールが大好きです。
あまり銘柄にこだわらない人もいますが、結構こだわります。
ちなみに、甘いビールかコクのあるビールが好きです。
ドメスティックではやはりエビスですね。
エビスの黒ビールも最高です。
地ビールはこれまた良いですね。
香りが良いんです。
この前もらった北海道の地ビールが旨かった。

外国のビールではイギリスで飲んだビター(銘柄は忘れてしまった)がNo1
続いてニューヨークのロングアイランドにあるブリュワリーで飲んだハロウィンスペシャル!
このビールは黒ビールが基本なんだけど、グラスの飲み口にブラウンシュガーがぬってある。
ソルティードッグのようなイメージです。
これはもう最高でした。
私の22歳の誕生日にアメリカ人の友達がご馳走してくれたものです。

そもそもビールが旨いと思い始めたのも、私の周りでしょっちゅうビールを飲んでたNaoと愉快な仲間達のおかげでしょう。
炭酸が嫌いな私はビールも当然苦手だった。
しかし、飲み会の度に旨そうに飲んでる私以外の全員の雰囲気で、炭酸も気にならなくなってしまった。
体重もそのころから増えだしたなぁ。

でも運動したから飲んで寝るかな・・・・
[PR]
by ape-deluxe | 2006-09-21 22:41 | うぎゃあ!

はじまるぞ!

さて、2回目のバラの一輪挿し手作りリサイクル花瓶コンテストが来週から始まります。
1週間展示されるので、時間が空いた方はぜひお越しください。
人気投票もよろしくお願いします!
[PR]
by ape-deluxe | 2006-09-21 22:27 | よろしく!

世界の中心で愛を叫ぶ

今頃になってだが、せかちゅうを見た。
感動的な映画だ。
人生いろいろ。
生き様もいろいろ。
邦画にとても感傷的になってしまう今日この頃。

生きるということ。
愛するということ。
普段考えすぎてる理屈や効率をむなしく思う。
優しくなれる瞬間、そこには考えよりも想いがある。

感動を得ようと考えるのではなく、人を想うこと。
体は勝手に動いていく。
優しさは伝染し、周りを優しく包み込む。

優しさのベールは現実という名の刺激ですぐに破れる。
それでもやっぱりそこにある。
生きてる限り、そこにある。
そんな気がする。
[PR]
by ape-deluxe | 2006-09-20 22:26 | GooD!
投資ファンドから地方公務員の世界に入ってきた。
漫画としては初めての取り組みではないだろうか。
地方公務員の実態、やれること、地方議会のやるべきこと、住民が考えるべきこと。
小さな町だからできること。
今後が楽しみである。
ただ、以前「国が燃える」という戦前の官僚漫画が発売中止になった経緯もあるので、今度は大丈夫か心配である。
そもそも、漫画を発売中止にする政治家もどうかと思うけど。
自分の政治信条で表現の自由を奪っている。
歴史の解釈を押しつけるのは言語道断。
日本らしいといえば日本らしいけど、そこが日本の弱さでもある。
長いものには巻かれろ的な発想は今後やめていきたい。
金太郎がこういった方向に走ったのも、作者のそんな思いからだろう。
[PR]
by ape-deluxe | 2006-09-19 23:35 | よろしく!