Analog Pure Environment

apedeluxe.exblog.jp

Life is something!

ブログトップ

カテゴリ:うぎゃあ!( 100 )

911の記憶

9月11日は忘れもしないアメリカ同時多発テロのあった日。
午前中の授業が無かったため、NYロングアイランドのロバートモーゼスパークでサーフィンをしていたら、低空飛行をするジェット機と、それを追う戦闘機が2機。
ジェット機はボストン方面から来て、ロバートモーゼスパークのビーチ上空から、一気に太陽に向かって行った。
隣にいたアメリカ人の元軍人が、「エマージェンシーで逃げている。」と言っていた。
太陽に向かうのは、追っ手の視角から消えるためらしい。

このジェット機がWTCのどちらにぶつかったのかは分からない。
10時くらいに海から上がると、警察が慌ただしく動いていて、ロバートモーゼスパークの入り口(離れ島のため橋がある)は封鎖されていた。

大学に戻ると学内警察に「家に帰れ。大学は休校だ」と言われた。
大学に住んでいるのでそのまま中に入ったが、いつもより人が少ない。
部屋に戻ると、ルームメイトが「日本から電話があったよ。」と。
ルームメイトのテレビを見ると、飛行機がビルに突っ込んでいた。

最初、何かのアクション映画かと思っていたが、それがニュースである事に気付く。
ルームメイトが状況を説明してくれた。
日本からの電話の意味も分かった。

この日は、近所のスーパーも閉鎖。
学内のカフェテリアで食事をするしかなかったが、カフェテリアも人がまばらだった。

次の日、大学は再開したが、ニュースのタイトルがtragedyからWarに変わっていたのが印象的だった。
これは日本に帰らなければならなくなるかもしれないと思った。

近代アメリカ史の授業では、この911について議論が白熱。
戦争で報復すべきという主張と、報復をすべきでないという主張がぶつかった。
右傾化した一部の生徒は、アメリカが報復する事に不満がある者(特に外国人)は、アメリカから出て行けば良いとまで発言。
それほどまでに911のインパクトは強かった。

その後、炭疽菌騒ぎもあり、ニューヨークの町中は、銃を持った州兵に見張られていた。

アメリカ国旗を家に飾っていたのは、右翼化したアメリカ人から身を守る中東アジア移民がほとんどであったという。
幸い、ニューヨークはあれだけの被害が受けながらも、戦争には反対という人が多かった。
学内でも反戦活動があり、メディアでは南部とニューヨークが良く比較されていた。

ニューヨークでは、WTCの関係者以外に、消防と警察に多くの犠牲者が出た。
懸命に救出活動に従事した彼らは英雄視され、ニューヨーク中の至る所で、NYPDとFDNYへの感謝の横断幕が長い間掲げられていた。

これら、激動の動きを間近で感じ、日本との違いに衝撃を受けた。
それは、アメリカ人は思っている事を言葉に出し、お互いの考えを理解しながら社会を作っているということ。
ごく普通に思えるけれども、反対意見であってもガンガン議論し、最終的には何らかの形にする力を持っている。

一方の日本。
主張をするのは一部であり、その存在が煽動することもあるが、冷たく見られていることもある。

主張するには、自分の考えを持っている必要があり、誰かに賛同すれば良いというものではない。
自分の考えは、生まれ育った環境や、人種、宗教などに依存している事が多い。
多様性の中で共生するために、主張が必要になっているとも考えられる。

多様性を比較的受容してこなかった日本では、個人個人が主張すべき状況が少なかったのかもしれない。

しかし、グローバル化の進む現在、世界中の人と様々な問題を解決して行くには、主張できる事が必須である。
そこで、主張できる日本人を増やすために、青少年育成をして行きたいと思ったのが、今の仕事についた理由。

残念ながら、思った部署には未だに行けていないが、様々な機会を通じで、主張する人を増やして行きたい。

これが、911が私に与えたインパクトです。
[PR]
by ape-deluxe | 2013-03-11 21:46 | うぎゃあ!

気をつけよう。

今日の帰り、電車待ちをしていたら酔ったおじさんが階段5段くらい一気に落ちてきた。
呼吸はしていたものの、呼びかけに答えず、救急車に搬送されました。

落ちた瞬間は見てなかったけど、大きな音がしたのでびっくりしました。
駅員さんが来てしばらく付き添っていたけど、安静にする以外、何もできず、無力感がありました。
普通救命講習では、これ以上のことはできないんだけど。

自分は転ばぬよう気をつけようと思います。
みなさんも、地震に気をつけて。
[PR]
by ape-deluxe | 2011-04-12 23:35 | うぎゃあ!

鳥のはね

久しぶりの投稿ですが、今日の朝ビックリするような光景を見たのでこちらに。

集合住宅の廊下や階段に鳥の羽が落ちていることがあります。
これはてっきり、その場に鳥が来ているんだと思ってました。
しかし、今日の朝見た光景は、この前提を覆すものでした。

それはなんと、電線に留まっていたカラスから離れた羽毛?が、風に乗ってそのまま片道2車線の道路を渡り、坂の上の2階建て集合住宅の2階の廊下に落ちたのです。

驚きその1.羽毛の滞空時間

驚きその2.その場に鳥がいなくても羽毛が存在する可能性

こんな事があるんですね。
鳥嫌いのかた、そこに羽毛があるからと言って、鳥がいたとは限らないですよ!
[PR]
by ape-deluxe | 2010-08-20 00:20 | うぎゃあ!

坂の上の家

最近、私の身近で「坂の上の雲」が流行っています。
私は読んだことがないのですが、人間模様がとても勉強になるとか・・・
時間を見つけて読んでみたいですね。

話は違うのですが、私の住まいは坂の上にあります。
自転車でおりるときは良いのですが、上って来るには相当なカロリーを消費します(多分・・・)。
それゆえ、車で移動したくなるのが人情というものです。

しかーし、それではカロリーを体に蓄積してしまいます。
そこで、今日は自転車に乗って小一時間ほどサイクリングをしてきました。
一般道では、ロードバイクが結構走ってますね。
年齢層の高い人が信号無視して走ってました。
みていて嫌な気分です。
それはさておき、自転車の乗り始めは寒いのですが、ちょっとこぐと暑くなってきます。
ネックウォーマーや帽子を脱ぎ、それでも暑いとベンチレーションを開けます。
快適な温度をキープするのは至難の業。
さらに、右足の裾がクランクで汚れてしまうというピンチに。
バンドを巻いていても擦れてしまうんですね(汗)
本当はスパッツに短パンくらいが良いのかも知れません。

最終目的地は大抵スタバやドトールで、本を読んで帰ってきます。
今日はスタバにマイタンブラーを持っていったら、100円でお代わりできました!
2時間ほど本を読み、帰宅したのですが、やはり坂の上の家。
最終的には息が切れてました。
もっと平らなところに住みたいなぁ、と、不動産関係のチラシを帰って眺めてました。
[PR]
by ape-deluxe | 2010-01-10 23:07 | うぎゃあ!
巷ではやっている事業仕分け。
知り合いも関わっているのだが、今後の方向性を示すことができるのか?

理系の基礎研究予算は欧米に比べて低いといわれる日本。
以前、医学系の研究所にいたときも、教授が予算を取ってくる腕があるかないかで、研究に大きな差が出ていた。
今後の日本を発展させていくのは、理系だ!なんて、自分が理系だから思ってしまうのです(文系の方、悪気はございませぬよ)。

研究用予算。
これは国の戦略として、トップ層を世界でも独創させる予算か、日本の理系のボトムアップを狙う予算かで大分異なる色があると思う。
アメリカはどちらかというと、独創させ、トップをとる戦略に力を入れている。
ただ、独創できる人材がどんどん出てくるような環境づくりも抜け目ない。

教育の効果は測りにくい。
それゆえ、お金をかける根拠が見えにくいのだと思う。
しかし、国際競争を勝ち抜くため、ある程度の投資的経費は必要だろう。
事業仕分けでは、仕分けて終わりでなく、目的を達成するための戦略構築(行政刷新会議の出番か?)が最重要だと感じている。
[PR]
by ape-deluxe | 2009-11-17 00:00 | うぎゃあ!

この暑さはなんだ!

ついに熱帯夜が始まりそうですね。
我が家も扇風機を出しました。
エアコンは引っ越すまでつけない!という宣言の元、昨年の夏も何とか乗り切りました。
温暖化現象が如実に生活に影響しています。

このうだるような暑さを解決するには、氷枕が一番!
相当暑い日は頭用に1つ、体用に1つを用意します。
そして、網戸のない家のため、この平成の時代に蚊帳を張るという、クラシックなくらし。
まさに暮らし苦(汗)

こういう家にはそうめんが良く似合います。
もっぱらミョウガ、ネギを刻んでそうめんを食べるのが最近の趣味になりつつあります。

エアコン以外の暑さ対策、アイデア募集中です!
[PR]
by ape-deluxe | 2009-07-13 23:27 | うぎゃあ!

グローバルな体験

土曜日に大学の友達の結婚式に出席してきた。
同じテーブルにドイツ人とアメリカ人が座り、久しぶりに英語を話してきた。
ベジタリアンのドイツ人はちゃんとベジタブルメニューになっていたところが、新郎の心配り。
新郎とドイツ人はアメリカ時代のハウスシェアメイト。
おもえば、新郎の家でBBQをやっているときも、豆腐ステーキを食べていた。
ドイツ人の彼は、ピーマンの焼き方やら、生野菜の食べ方に異様に詳しい。
そんな貴重な経験をしたことを思い出した。

新郎新婦の中座中、メニューを見ながら日本語の話になった。
ドイツ人の彼はひらがな、カタカナはある程度読める。
だが漢字が難しいといっていた。
どれくらい難しいかというと、「ネイティブの日本の首相が間違えるくらい難しい」とジョークを交えながら答えた。
麻生総理が漢字を読み間違えているというニュースは、ドイツの雑誌にも載っているらしい。
しかも彼は現在カリフォルニアで働いているので、アメリカでもきっと周知のことなのだろう。
もうちょっと良いニュースを外国メディアに取り上げてもらいたいものだ。
聞くのを忘れたが、この分だときっと酩酊会見も知っているのだろう。
妙なところで世界は狭いと感じた。
そして、これがグローバルな社会で一人ひとりが責任をもって行動しなければならないという教訓にもなった。
日本という島の外のことはあまり知らないが、島の外の人は島のことを知っている。
なんとも情けない話だ。
[PR]
by ape-deluxe | 2009-03-09 23:37 | うぎゃあ!

結果報告

先日投稿しました、15日の結果発表でございますが、残念ながら不合格でございました。
またの機会にチャレンジしたいと思います。
昨日はだいぶ落ち込んでおりましたが、1日経つとある程度元気になりました。
が、残業終わって帰ってきたら、ポストに不合格通知が速達で入ってました(汗)
まあ、そんなに急いで教えてくれなくても、ネットでみてわかっているのですが・・・

そんなわけで、今後とも精進したいと思います。
[PR]
by ape-deluxe | 2008-12-17 00:21 | うぎゃあ!

円高がやばそう

今ふとヤフーをみたら、1ドル100円になっていた。
そのちょっと前は102円だったので、ドルが急落したことになる。
日本が夜の間にこんなに値動きをしているとは正直驚いた。

FXをやっている皆さん、気をつけてくださいね!
[PR]
by ape-deluxe | 2008-10-06 23:35 | うぎゃあ!

神風邪?

今夜はずいぶんと風が強いです。
珍しくエアコンを寒く感じていたら、どうやら風邪を引いたようでした。

とりあえず自分がメインのイベントの後なので、少し気が楽ですが、明日の夜も会議、日曜日はSAS、月曜日はイベント準備で火曜日はイベントとかなり勢いよく続きます。
季節の変わり目は体調を崩しやすいので、何かと栄養のあるものを食べようと思いますが、食べてるものよりも体温調節が難しいですね。
睡眠量が少ないと自律神経が不安定なのか、妙なタイミングで汗をかいたり(更年期障害のようだ・・・)、低体温になりがちです。
規則正しい健康的な睡眠が必要ですね。

体調が崩れてから反省する。
まさに神様が風邪というお告げをくれたのかもしれない(汗)
[PR]
by ape-deluxe | 2008-09-25 22:36 | うぎゃあ!